ピルには飲むだけでいろいろな効果があるんです

色々な種類のピル低用量ピルは、避妊効果が高いことで知られています。
産婦人科や婦人科で入手することができます。
低用量ピルと聞くと、第一に思いつくのは避妊です。

それ以外にもいろいろな効果がある事をご存知でしょうか。
低用量ピルは、排卵を防止する役割があり、その結果生理が起きなくなり妊娠を防ぐことができます。
排卵にまつわる様々な症状も防止することができます。
例えば、毎月排卵の前後になるとお腹が痛くなる症状は、排卵痛として知られています。
低用量ピルを飲んだ場合その症状は起きなくなります。

又、生理前に起こるイライラや気持ちの落ち込みなどの精神症状、腹痛や眠気、倦怠感などはホルモンの変動によるものです。
PMSと呼ばれていますが、これも排卵や生理がありませんので、無くなります。
又、毎月重い生理に悩まされている方は、低用量ピルを飲むと生理に似た症状が起きます。
排卵しているわけではないので生理とは異なりとても軽い出血なのが普通です。
そのため、毎月の重い生理痛の対策として低用量ピルを飲んだり、PMSの症状がつらいため服用するといった方も数多くいます。
婦人科でも排卵にまつわる様々な女性特有の症状には、低用量ピルが推奨されています。
実際に月経困難症の治療に使われる薬には健康保険が適用されています。

海外ではニキビの治療に効果がある低用量ピルが人気で、日本では認可がおりていないため販売されていません。
皮脂の分泌が減ったりニキビができにくくなるとして、世界中の女性たちから人気です。
このようなユニークな特徴を持つ製品は、日本の婦人科で処方してもらうことはできません。
個人輸入でのみ購入することが可能で、多くの女性が購入しています。

トリキュラーは副作用が軽減されているピル

経口避妊薬のピルは名前は知っていても誤解や偏見が多く1999年に日本でようやく認可されました。
日本の女性の多くはまだ使用したことがありません。

ピルは医師の説明を聞いた上で処方してもらう処方薬です。
町の薬局などでは購入することはできず病院で検査を受けた上で入手します。
そのピルの中でトリキュラーという低用量ピルは、ほぼ100%の確率で避妊することが出来ます
生理痛や生理不順などや子宮内膜症の予防、卵巣がんや子宮がんなどの予防効果もあります

ただしトリキュラーは保険適用外の自由診療の医薬品のため病院で処方してもらう場合全額自己負担ということになります。
トリキュラーは女性の体内のホルモンのバランスを考えて3種類の錠剤となっていて、服用する順番が決まっています。
順番は錠剤のシートの裏側に見やすく大きな数字で書かれていますのでこの順番を守り服用するようにします。
この服用する順番を守ることにより自然なホルモンバランスに近い状態になるようにされていて、副作用をおさえるようになっています。

ピルは薬なので当然副作用があります。
中高用量のピルはホルモン量が多く、嘔吐や頭痛、体重増加や血栓症などの副作用がしばしばみられていました。
トリキュラーも飲み始めの頃に体内ホルモンバランスを整えるために人によっては副作用が出てしまう場合があります。
トリキュラーの主な副作用としては不正子宮出血、頭痛や吐き気、気持ち悪さなどの生理のときやつわりとよく似た症状があげられます。
しかし、この副作用は2週目3週目と服用を続けていくうちに体内のホルモンバランスが調整されていき、副作用の発症が減少されていくピルです。
最終的にはこのような副作用はほとんど見られなくなります

低用量ピルを安価に入手するには?

低用量ピルは、日本ではドラッグストアなどで処方されている市販薬ではありません。
婦人科を受診して処方してもらう処方薬として販売されています。
処方してもらうことのできる薬は何種類かあり、子宮内膜症や月経困難症の治療には、健康保険が適用になる商品もあります。
一般的に、低用量ピルを医療機関で処方してもらうと、1か月あたり1シート3000円前後で購入することになります。
治療目的以外の避妊や、ニキビ治療には保険がきかず、自費となります。

もっと安く低用量ピルを購入したいと希望する方の間で、個人輸入が人気です。
低用量ピルの個人輸入は、個人輸入代行業者を介して行うことができます。
インターネットでいくつも業者のサイトがありますので、希望する商品を安く扱う業者のホームページから気軽に購入することができます
一般的にアジア圏から発送されるケースが多く、購入すると商品を受け取るまでに1週間から10日程度かかります。
日本で購入した場合に比べて購入価格は安く、3分の一から半額程度で購入することができます
又、日本で手に入れることのできない種類の商品を買うことができるのも、個人輸入のメリットと言えます。
日本で取り扱いのある低用量ピルの種類は世界市場に比較すると少ないでしょう。
特に美容効果の高い低用量ピルは日本では取り扱いが無いため、個人輸入で購入し、服用している方が目立ちます。
個人輸入代行業者で低用量ピルを購入した場合、送料は無料の場合も多いのでお得です。
又、たくさん買えば買うほどひと箱当たりの価格は安くなる傾向にありますので、まとめ買いで節約している方が多い傾向にあります。
業者によって販売価格が異なりますので、比較してから買うと良いでしょう。

おすすめ記事