ピルのカロリーと基礎体温チェックについて

女性が避妊や生理不順、生理痛などを改善するために服用するピルですが、いくつかの副作用があります。
その副作用の中に、カロリーが消費しにくく太りやすい、というものがあります。
例えばピルを服用する生活の中で運動や食事制限をしても、飲んでいなかった頃よりぜんぜん痩せない、ということが挙げられます。
これにはお医者さんから名言を頂くことはなかなか難しいようですが、女性ホルモンを増加させることで体重を減らすことが難しくなっているようです。
特に生理前の男性ホルモンが増える期間には、水分を体内に蓄える機能が高まるので体重が増えることが多いです。
ただし、脂肪が増えているのではなく水分が蓄えられているだけなので体脂肪には問題はないはずです。
また、副作用として身体がだるくなったり熱っぽくなることもあります。
その為、ダイエットのための運動を行う際も思うように身体が動かないことが増えるので、あまりピルの服用とダイエットは両立するのは難しいです。
基礎体温表と体温計また、ピルを服用する際には基礎体温をチェックしておくことを病院で勧められます。
妊活する女性も基礎体温をつけることは基本的なことですが、ピルを服用する人も自分の体調を小まめにチェックしておくことは非常に重要です。
長い間同じピルを飲み続けている人も、ふたした体調の変化で薬が合わなくなってしまうこともありますので、そういった時はすぐに産婦人科で相談するようにしましょう。
ピルを服用する際は、意外と多くの副作用があるものです。
そういったものを理解の上で、服用するようにしましょう。
ピルはやはり主な目的が避妊ですので、いろいろなことと両立しながら服用することは非常に難しいのです。