ピルの種類と性生活について

モーニングアフターピルのイメージピルは大きく分けて2種類の薬があります。それは、低用量ピルと中用量ピル(モーニングアフターピル)です。
まずは低用量ピルについてです。これは、ほとんど毎日服用することで体内のホルモンバランスを妊娠中と同じような状態にし、排卵を止めます。そのため、生理も停止します。
服用し続けることで避妊にもなりますし月経前症候群(PMS)で苦しんでいる人はその苦痛から逃れることが出来ます。
服用をやめると再び排卵が始まり生理も来るようになります。そのため、健康体であれば、服用を中止すれば妊娠するようになります。
一方、中用量ピルは生理周期の変更などに利用されています。
また、こちらは、緊急避妊薬としての性質が強く、一般的にもそのイメージが強いです。
薬によって作用内容は異なりますが、排卵を遅らせたり受精卵の着床を阻害することで妊娠を防ぎます。
こちらは、あくまで一時的なもので、妊娠の恐れのある事故が発生する度に服用しなければなりません。
また、避妊成功か否かは次の生理が来ないと分かりません。
妊娠の恐れのある行為から72時間以内に定められた量の薬を服用すればほぼ避妊できす。
性生活の観点からは、確実な避妊とコンドームの不使用を両立したいのであれば低用量ピルを服用します。
ただし、飲み忘れなどがあると排卵が起きることもあり避妊できません。
一方、中用量ピルはコンドームなどを普段の性生活では使用するがコンドームが破損してしまったときや相手の避妊協力が得られなかったときに事後的に服用します。
いずれにしても性病の予防は出来ませんので、その点はご注意ください。
また、禁忌もあるので使用上の注意をしっかり守って医師の指導のもとで服用してください。