月経前症候群対策でピルを使用していると献血できない

女性にとって、毎日やって来る生理は順調に女性としての機能を維持していることを証明してくれる嬉しいものですが、その一方で面倒なものでもあります。
生理日が近付くとイライラしたり落ち込んだり、頭痛や便秘など心身に様々な不調が現れてしまう月経前症候群を経験したことのある人も多いでしょう。
生理のある女性の実に8割以上が何らかの月経前症候群を経験したことがあるとされており、中には症状が酷く日常生活もままならなくなってしまう人もいるほどです。
このような症状を改善させるために役立ってくれるのが低用量ピルで、避妊効果だけでなく女性ホルモンのバランスを保ってくれるため様々な不調が現れにくくなるというメリットもあるのです。
女性にとって様々な効果を与えてくれる低用量ピルですが、服用に当たってはいくつか注意点があります。
始めて服用した際などは吐き気などの副作用が出やすいとされていますし、毎日同じ時間帯に欠かさず服用する必要があるなどの点に注意しておかなければなりません。
献血をしている女性低用量ピルを継続して使用している人の場合、主な目的が避妊や月経前症候群、更年期障害の改善などであれば基本的には献血することもできます。
低用量のものであれば含有されているホルモン量も低く、最初から体内に存在しているホルモンを補充しているに過ぎないので身体の機能や血液などへの影響は心配しなくて良いのです。
これが中用量やアフターピルになってしまうと、含有されるホルモン量が増えるために献血が不可能と判断されることもあります。
中には非常にホルモン濃度が高く血液に影響を与えてしまうものもあるので、献血を行おうとする前に必ず医師や看護師に確認しておくようにしましょう。